Belly DanceColumn

ベリーダンスは本当に痩せるのか?

「ベリーダンスは本当に痩せるのか?」はよく取り上げられるテーマです。

私がベリーダンスを始めた一昔前、有名なベリーダンサーはみな肉付きの良い人ばかり。
日本人視点で見たら『やや肥満 ~』くらいの体型ではないでしょうか。

ベリーダンサーがふくよかな理由

もちろんこれには理由があります。

ベリーダンスはふくよかさが良しとされる踊りだから

「ベリーダンスはアラブ発祥の踊りで、あちらの価値観では太っていることが美の象徴だから」というのが、よく言われる理由のひとつです。

さらに、ふくよかな躰は女性らしさの象徴でもあります。
ベリーダンスは女性の躰を賛美するような意味合いを持っていますから、ベリーダンサーの間ではふくよかな体型が良しとされる価値観が根強いのだと思われます。

ステージでの存在感が出るから

これはショーに出はじめるとあらためて気づかされることですが、 ステージに立ったときの存在感や動きの大きさが、圧倒的に違います。

とあるショーでお客さんがつぶやいていた「機敏なデブが見ていて一番楽しい」っていう一言…
言葉は悪いけれど、実際に『体に存在感のある人 』 の方に目がいってしまうのは、もう仕方のないことなんですね。

ベリーダンスはベリー(お腹)の踊りだから、お腹に存在感があるほうがやっぱりそれっぽく見えるし!

ベリーダンスで痩せやすくなる理由と痩せない理由

私自身けっして痩せているわけではないのですが、ずっとベリーダンサーの中では細い方。
実は、細身(といっても普通体型だけど)の ベリーダンサーたちの間では、「もっと太りたい」「食べないとショーまでに(練習でカロリーを消費するから)痩せちゃう」というのはよく聞く悩みなのです。

基礎代謝+消費カロリーが上がって痩せやすくなる

ベリーダンスは優雅な見た目とは裏腹に、全身のインナーマッスルをまんべんなく使うダンスです。

正しいやり方でベリーダンスを続けていれば自然とインナーマッスルが鍛えられ、その結果、基礎代謝が上がります。

基礎代謝が上がるというのは、何もしていなくても消費するエネルギーが増えるということなので、きちんとインナーマッスルを使って踊れていれば 、レッスンで動けば動いた分だけ痩せるはず…

さらにショーやイベントの前はリハや自主練の頻度も上がりますから、(食べる量が変わらなければ)踊れば踊っただけ痩せていくでしょう。

(というかどんなダンスでも、身体を動かしてる以上エネルギーを消費していますから、消費したカロリー以上に食べなければ痩せるはずですよね!)

それでも痩せないために…

ということで、一般的にはベリーダンスを続けていれば自然と痩せていく人が多いです。
ただ、

・ふくよかな体型が良しとされている(※ダンススタイルにもよります)
・ステージでの存在感がある

という前提で、プロのベリーダンサーたちはあえて「痩せないように食べている」というのが一番近い答えなんじゃないかと思います。

ベリーダンサーの年齢的な理由もあるかも?

あと…ベリーダンス人口は30代後半~50代が中心ということもあり、ちょうどホルモンバランスが変わってくる年齢です。

私も実際に感じていることですが、ホルモンバランスの変化によって脂肪のつき方が変わってきます。
詳しくは別でまた書きますが、これもしっかり関係しているように思います★

まとめ

とはいえ最近のトレンドなのか、時代の流れなのか、国内外でも細身のベリーダンサーの活躍が増えてきました。

これまで暗黙の了解のように、ベリーダンス界でなんとなく肩身の狭い思いをしていた人たちにとっても、勇気づけられる良い傾向ですね!

▶︎▶︎▶︎これが学べるZAHaRAのレッスンは
・『ベーシックWS
・『個人レッスン