Belly DanceColumn

【オンライン】グループレッスンを追加しました。

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、ここ東京では4/7~5/6の期間、緊急事態宣言が出されています。

外出自粛によってすべての外出を伴う活動ができなくなったため、ショーやイベントはすべて中止となり、イベント業界も大打撃。 もちろん、ベリーダンサーたちも例外ではありません。

私自身も3月後半のレストランショーとレッスンを最後に、ずっと引きこもり生活です。
一応、5/6以降のショーの日程は入っているものの、はたして本当にできるのか…?
世界と日本の現状をみるかぎり、いまいち楽観的にもなれずにいる感じ。

世界中の人々が、これまでの日常が一変して引きこもり生活を余儀なくされている今、ベリーダンサーたちも活動の場を失い、オンラインレッスンを心もとない命綱として生き残りに必死になっているような状況です。

実店舗やスタジオを持っているところならなおさらですよね。
ベリーダンスショップの老舗『Fig』やら、超有名なベリーダンススタジオ『エルサラーム』も立て続けに閉店してしまい、とても寂しく思います。

さて、今あちこちでダンサーのみなさんが Zoomを使った オンラインレッスンを始めています。

正直、 私個人の感覚では、 オンラインレッスンで対面レッスンのような内容を伝えるのは、 グループレッスンでは厳しいかなと思っています。
双方向のレッスンとしては 、オンライン個人レッスンでやっと、対面のグループレッスンを受けているのと同じくらいかな?

それは電波や音の遅延問題だったり、画面の小ささだったりで、一人一人を丁寧にみることが難しいから。
特にインストラクター側では、生徒さんたちの姿が画面に一斉に映るので、PC画面で見てもやはり小さい…よね…

自分の姿を映すためにはある程度画面からの距離が必要だし、そうすると生徒さんの細かな動きをチェックできないし。
お手本で踊って、そのあと生徒さんの動きをチェックして、とやるなら倍の時間が必要になりそう。

オンラインでグループレッスンをやるならどうしても一方的な伝え方にならざるを得ない部分が大きくて、それだったら正直、Youtubeなどの録画レッスンでもあまり変わらないんじゃないか?と思ったり。

そんな葛藤の解決策をずっと模索していたのですが…
グループレッスンを双方向のオンラインでやる決定的なメリットを、今のところ見いだせていないのが本音です。

とはいえこんな状況で、きっと身体を動かしていない人が多いだろうと思うのと、個人的にみなさんのお顔をみたいというのがあって、 とりあえず5/6まで グループでのオンラインレッスンを設定しています。

ただ前述のとおり、オンラインでは通常のグループレッスンの半分くらいしか伝わらないだろうとの前提から、まずはこの期間のオンラインレッスンで取り組む基本的な動きを振付としてまとめたものを、Youtubeにアップしました。
ベリーダンスが初めての方から経験者の方まで、こちらの曲と振付をベースに『難易度レベル 』 を変えて踊っていきます。

オンラインレッスン用振付(Youtube)

「こんな曲でやるんだな(曲の雰囲気をつかむ)」
「こんな動きを使うんだな(使うテクニックをざっくりチェック)」
「このタイミングで動くんだな(オンラインレッスン中は音ズレが発生しやすいので)」
などなど…

とりあえずこちらのYouTube動画を一通りみて予習してからお受けいただけると、オンラインでのグループレッスンも理解しやすいかと思います。

お暇な方はどうぞ遊びにいらしてください(^O^)